2011年10月28日

阪神タイガースドラフト総括前半

今年に行われた大学選手権での
伊藤隼太vs伊藤和雄です。
この時に、まさか二人が同じチームになるとは・・・



ということで、今回は阪神がドラフトで指名した選手を動画も交えて紹介します。

1位 伊藤 隼太(慶応大)外野手


イメージは外野の鳥谷かな。
練習量が半端なく、努力する天才。
ただ鳥谷より走攻守一枚ずつ落ちるかなと。
一年目から大活躍とはいかないかなと思いますが、
鳥谷みたいに、年々、力をつけていくだろうと思います。
伸ばしてほしいのは打撃力。
目指してほしいのは金本ですかね。

2位 歳内 宏明(聖光学院)投手


いろいろ見ると、藤川球児の後釜候補というのが多かった。
確かに必殺スプリットは、三振を奪える球で抑えの条件には当てはまる。
去年から今年の伸びしろは、目を見張るものがあり、
プロに入って鍛えれば、まだまだに伸びる可能性がある。
ストレートを磨いて150キロ近く投げられるようになれば、
新守護神が誕生するかも。

3位 西田 直斗(大阪桐蔭)内野手


長距離砲というタイプではなく、バットコントロールの良いタイプ。
もう少し守れるロッテの福浦タイプ?
ただ、それだと一塁しか守れないとなると、チャンスは少ない。
三塁、外野には絶対挑戦してほしい。
あっ、球団関係者だったか、大阪桐蔭の先輩の西武の浅村タイプと言ってたような。
本当に浅村みたいなバッティングをしてくれるのなら、
一塁でじっくり育てるのもありだと思う。

4位以下はまた後日。



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
posted by hayato at 20:48| Comment(3) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。