2011年10月27日

2011年阪神ドラフト指名選手

1位 伊藤隼太 慶応大学 外野手 右投げ左打ち

阪神待望の強打の外野手。
リーダシップ、人間性にも優れていて、近い将来チームを引っ張っていく選手になるだろう。
単独指名で指名できたのは素晴らしい。

2位 歳内宏明 聖光学院高校 投手 右投げ右打ち

決め球SFFで甲子園では三振の山を築く。
これがプロでも通用するか見もの。
通用すれば、早い段階から一軍で投げられるのではないだろうか。
2位で高校生投手を予定通り獲得。

3位 西田直斗 大阪桐蔭高校 内野手 右投げ左打ち

打撃の技術力が高いのが魅力。
一塁を守ってるみたいだが、三塁、外野も守れるようであればチャンスも増える。
活躍する選手が多い大阪桐蔭ということも期待できる。
あっと思う意外な指名。

4位 伊藤和雄 東京国際大学 投手 右投げ右打ち

今年の大学選手権で一気に上位指名候補に躍り出る。
直前の報道では外れ1位もありえるとのことだったので、
この順位で指名できたのはラッキー。
阪神の4位指名は活躍するので期待。

5位 松田 遼馬 波佐見高校 投手 右投げ右打ち

甲子園に出場して強気の投球でスカウトの目を引く。
5位指名だが、体が強そうで一年目からファームのローテーションで投げてほしい。
おなじみの九州枠。

育成枠
1位 廣神聖哉 群馬ダイヤモンドペガサス 捕手 右投げ左打ち

強肩捕手。
まずは、支配下登録を目指す。


単独で伊藤隼太を指名できたことで今年のドラフトは合格でしょう。
即戦力の伊藤和雄に甲子園出場組の歳内、松田と投手の補強は万全。
ただ、ショートを守れる選手、右打ちの強打者が指名できなかったのは残念。
来年の課題でしょう。
歳内、松田、西田を指名したように
最近の阪神は高校生を意識したい指名をしてるように思える。
これが実を結ぶのは数年先になると思うので
1,2年で結果が出ないからといって、方針を変えないでほしいと思う。


阪神ではないが、日本ハムの菅野指名を驚かされました。
日本ハムが当たりを引いた時の会場の歓声はプロ野球ファンの声を代弁してましたね。
今年一番驚いた出来事でした。


あと、チャットで指名を見守った方々ありがとうございました。
とても楽しく過ごすことができました。


今年のドラフトが終わったばかりなのに、
頭の中はすでに来年のドラフトのことを考えています(笑)




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
ラベル:ドラフト
posted by hayato at 22:24| Comment(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はチャットでの実況お疲れさまでした。
そして、楽しい時間をありがとうございました。

今年は合格ドラフトであることについては同感です。
1位で伊藤選手を単独指名したことでクリアしてると思いますし。
何よりも彼の人間性とか見えない部分が素晴らしいので、選手としてだけでなく、将来の指導者にもなりうる人材なので。

確かに、ショートを指名しなかったのですが、そのあたりを考えてみました。

私なりに感じたのは、サード大和が終盤に意外に機能しなかったことがあるように思います。
結構エラーしましたし…

鳥谷のサードコンバートは考えず、若い大和をショートでこのまま育成する。
そうなると、サードが野原将だけでは厳しい。
ショートは徹底的な守備型を育成し、攻撃型のサードを指名する、そんな意図があるのではないか、
と昨日思ってニュースを見てました。
そう思うと、3位西田くんの指名はしっくりとくるのではないかな、と勝手に妄想しました。

2位は昨年一二三選手に続いての甲子園枠、4位は相変わらずの黄金枠、5位で九州枠、
そんな感じで本当に期待できるいい選手がそろったと思います。

2位の歳内くんはクローザーとして育成してほしい。
球児タイプではなく、大魔神タイプになるでしょうが、必殺ボールを持つクローザーは
活躍する可能性が高いんで。

でも、菅野選手については、日ハムの情報操作に感服しました。双方ともこれからが大変でしょうけど、
これが本来のドラフトの姿だとも思いますし。

最後に、来年のことを考えちゃいますよね。
私は西田くんを指名したことですし、藤浪くんを希望しますが、どうですか?
それとも、伊藤選手を獲得したことですし、即戦力で福谷くんですかね?

また来年が楽しみです。来年も楽しいチャットになることを期待しております。

重ね重ねになりますが、昨日はありがとうございました。
Posted by tono。 at 2011年10月28日 10:39
tono。さん

昨日はありがとうございました。
こちらこそ、楽しい時間が過ごせました。

大和は三塁の守備練習すらやってなかったので、同情の余地はあると言いたいですが、大和の特長を考えたら無難にこなしてほしかったです。
三塁どころか、今年は二塁の守備でもポロポロしてました。
鳥谷より大和の方がショートは上手いと言われる人もいますが、経験の差もあるでしょうが、鳥谷のほうが断然上ですね。
大和はプレーが軽い!
ここを直さないとレギュラーは難しいです。
個人的には大和が若手の中でレギュラーに近い、取ってほしいと思ってるのですが。

西田は三塁も挑戦するでしょうね。
野原将志今の調子だと厳しいと言わざるを得ないです。
守備、走塁が期待できないタイプなのに、打撃も今年はさっぱり。
強打の三塁手は来年以降も獲るのではないでしょうか。

来年は、今のところ自分も藤浪かなあ。
福谷も当然候補ですね。
右打ちの強打者もほしいです。
今年の高橋周平の右版がほしい(笑)
Posted by hayato at 2011年10月28日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。