2011年10月28日

阪神タイガースドラフト総括前半

今年に行われた大学選手権での
伊藤隼太vs伊藤和雄です。
この時に、まさか二人が同じチームになるとは・・・



ということで、今回は阪神がドラフトで指名した選手を動画も交えて紹介します。

1位 伊藤 隼太(慶応大)外野手


イメージは外野の鳥谷かな。
練習量が半端なく、努力する天才。
ただ鳥谷より走攻守一枚ずつ落ちるかなと。
一年目から大活躍とはいかないかなと思いますが、
鳥谷みたいに、年々、力をつけていくだろうと思います。
伸ばしてほしいのは打撃力。
目指してほしいのは金本ですかね。

2位 歳内 宏明(聖光学院)投手


いろいろ見ると、藤川球児の後釜候補というのが多かった。
確かに必殺スプリットは、三振を奪える球で抑えの条件には当てはまる。
去年から今年の伸びしろは、目を見張るものがあり、
プロに入って鍛えれば、まだまだに伸びる可能性がある。
ストレートを磨いて150キロ近く投げられるようになれば、
新守護神が誕生するかも。

3位 西田 直斗(大阪桐蔭)内野手


長距離砲というタイプではなく、バットコントロールの良いタイプ。
もう少し守れるロッテの福浦タイプ?
ただ、それだと一塁しか守れないとなると、チャンスは少ない。
三塁、外野には絶対挑戦してほしい。
あっ、球団関係者だったか、大阪桐蔭の先輩の西武の浅村タイプと言ってたような。
本当に浅村みたいなバッティングをしてくれるのなら、
一塁でじっくり育てるのもありだと思う。

4位以下はまた後日。



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
posted by hayato at 20:48| Comment(3) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

2011年阪神ドラフト指名選手

1位 伊藤隼太 慶応大学 外野手 右投げ左打ち

阪神待望の強打の外野手。
リーダシップ、人間性にも優れていて、近い将来チームを引っ張っていく選手になるだろう。
単独指名で指名できたのは素晴らしい。

2位 歳内宏明 聖光学院高校 投手 右投げ右打ち

決め球SFFで甲子園では三振の山を築く。
これがプロでも通用するか見もの。
通用すれば、早い段階から一軍で投げられるのではないだろうか。
2位で高校生投手を予定通り獲得。

3位 西田直斗 大阪桐蔭高校 内野手 右投げ左打ち

打撃の技術力が高いのが魅力。
一塁を守ってるみたいだが、三塁、外野も守れるようであればチャンスも増える。
活躍する選手が多い大阪桐蔭ということも期待できる。
あっと思う意外な指名。

4位 伊藤和雄 東京国際大学 投手 右投げ右打ち

今年の大学選手権で一気に上位指名候補に躍り出る。
直前の報道では外れ1位もありえるとのことだったので、
この順位で指名できたのはラッキー。
阪神の4位指名は活躍するので期待。

5位 松田 遼馬 波佐見高校 投手 右投げ右打ち

甲子園に出場して強気の投球でスカウトの目を引く。
5位指名だが、体が強そうで一年目からファームのローテーションで投げてほしい。
おなじみの九州枠。

育成枠
1位 廣神聖哉 群馬ダイヤモンドペガサス 捕手 右投げ左打ち

強肩捕手。
まずは、支配下登録を目指す。


単独で伊藤隼太を指名できたことで今年のドラフトは合格でしょう。
即戦力の伊藤和雄に甲子園出場組の歳内、松田と投手の補強は万全。
ただ、ショートを守れる選手、右打ちの強打者が指名できなかったのは残念。
来年の課題でしょう。
歳内、松田、西田を指名したように
最近の阪神は高校生を意識したい指名をしてるように思える。
これが実を結ぶのは数年先になると思うので
1,2年で結果が出ないからといって、方針を変えないでほしいと思う。


阪神ではないが、日本ハムの菅野指名を驚かされました。
日本ハムが当たりを引いた時の会場の歓声はプロ野球ファンの声を代弁してましたね。
今年一番驚いた出来事でした。


あと、チャットで指名を見守った方々ありがとうございました。
とても楽しく過ごすことができました。


今年のドラフトが終わったばかりなのに、
頭の中はすでに来年のドラフトのことを考えています(笑)




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
ラベル:ドラフト
posted by hayato at 22:24| Comment(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

ドラフト会議前日

ドラフト前日になり、阪神タイガースは慶応大学の伊藤隼太外野手、東海大甲府高校の高橋周平内野手の二人に絞ったようだ。

今年のドラフトは、ビッグ3と言われる大学生投手が三人いる。

東海大学・菅野智之、明治大学・野村祐輔・東洋大学・藤岡貴裕。

この三人を差し置いてでも、今年はどうしても野手を強化したかったようだ。

レギュラー野手では、金本の故障、マートンのメジャー復帰、鳥谷・新井のFA。

若手では、高濱がFAで獲得した小林宏の人的補償でロッテに移籍、野原将志の伸び悩み。

来シーズン、或いは中期的視野で考えても、野手、それも「強打」の野手が補強ポイントだ。


二人を比較すると、

伊藤は、走攻守とも、まともっている。

強肩、俊足というわけではないが、プロ平均以上はあると思う。

自分ができることを確実にする選手。

一番の特長は打撃。

勝負強く、選球眼もなかなかいい。

長距離砲ではないが、強いライナーをガンガン打つタイプ。

阪神に入れば、たぶん一年目からレギュラーとして起用されるのではないだろうか。

一方高橋の魅力は長打も打てる打撃力。

逆方向にも長打を打てる技術があり、甲子園の浜風とも仲良くできそうなのが強み。

伊藤は単独、高橋は3球団以上の競合となりそう。

果たして、今年の阪神のドラフトはどうなるのか結果が楽しみだ。



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
posted by hayato at 19:47| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。